• 本

うみの100かいだてのいえ

出版社名 偕成社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-03-332200-1
4-03-332200-0
税込価格 1,296円
頁数・縦 〔32P〕 22×31cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • かめばかむほどに面白い!3歳からおすすめ

    静岡書店大賞絵本部門第一位!を獲得した絵本です。
    フャーストブックを卒業したお子様におすすめです。
    全部見ようと思うときりがない。。。(パパ談)
    というほどに海の家は長いです(笑)
    おためしあれ!

    (2015年3月21日)

  • たすけあうことの美しさ

    ある日、船から女の子の人形が海にのみこまれる。そして、人形の服や髪の毛などがバラバラに・・・。
    人形は海の下で100階だてのいえで暮らすさまざまな海の生物たちと出会う。人形はそこで失ったものを探すのですが、ここで惜しげもなく生物たちがお気に入りになった人形のモノを交換!
    物語はつぎつぎと階下へ階下へ・・・

    最終頁に近づくと大人でも「おおっ!」と唸らせる。

    この絵本にはさまざまな生物のくらしぶりも紙面いっぱいにびっしり描かれていて、こどもたちはそこからもいろいろ自分だけの楽しみをみつけるんだろうな。

    (2015年2月18日)

  • 第3回静岡書店大賞 受賞作

    児童書新作部門1位

    (2015年1月10日)

  • なんじゃこりゃ!?

    大迫力で面白い!!
    こんな絵本は読んだことがない!
    思わずなんじゃこりゃ!と叫んでしまいました。
    こどものプレゼントにすれば120%喜ぶと思います。
    いや、大人でも十分に楽しめます。
    読んでも読んでもあきない不思議な絵本です。

    (2014年7月4日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

ふねのうえからうみにおちてしまったにんぎょうのテンちゃん。ぼうしやかばん、ふく、かみのけまでみんなどこかにいってしまい…テンちゃんはふしぎなおわのなかにすいこまれていきました。3歳から。

出版社
商品紹介

こんどは海へ。水のなかのふしぎないえへ、いち、にの、さん!でとびこもう!縦に開いて大迫力の「100かいだてのいえ」シリーズ第3弾。

おすすめコメント

【1】ほのぼのo(^_^)o【2】人形/家【3】6才【4】10分【5】16ページ【6】140×140mm【7】船から落ちてしまった人形は、海の下の100階だての家で暮らす海の生き物たちと出会います。人形はそこで失ったものを探すのですが・・・。(読み聞かせにオススメ)

出版社・メーカーコメント

100かいだてのいえシリーズ第3弾!

ここはうみにうかぶ船のうえ。テンちゃん、という名前のにんぎょうをかかえた女の子がカモメにえさをあげようとしていました。 そのとき…… ジャプーン! カモメのはねがぶつかって、テンちゃんがうみにおちてしまいました。さあ、テンちゃんは女の子のもとへ帰れるのでしょうか? 縦に開いて大迫力の「100かいだてのいえ」シリーズ第3弾!

著者紹介

いわい としお (イワイ トシオ)  
岩井俊雄。1962年生まれ。絵本作家/メディアアーティスト。1985年、筑波大学芸術専門学群在学中に第17回現代日本美術展大賞を最年少で受賞。その後、国内外の多くの美術展に、観客が参加できるインタラクティブな作品を発表し、注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)