• 本

ひみつの王国 評伝石井桃子

出版社名 新潮社
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-10-335851-0
4-10-335851-3
税込価格 2,916円
頁数・縦 567,7P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ピーターラビットで、うさこちゃんで、ゆかいなかえるで、こねこのぴっちで、クマのプーさんで、誰もがいしいももこの訳文に触れてきたことでしょう。

    しかし幼い読者であった私たちは、物語に親しんではいても、その訳者にまで思いを馳せることはありませんでした。

    自らを語ることのなかった「いしいももこ」の王国を、長時間のインタビューと膨大な資料をもとに描きだした労作です。
    時代背景、文壇や出版業界との関わり、晩年に書き下ろした「幻の朱い実」とそれを生み出した稀有な友情。私たちの知らなかった石井桃子が見えてきます。(り)

    (2015年1月6日)

商品内容

文学賞情報

2015年 第34回 新田次郎文学賞受賞
2014年 第65回 芸術選奨・文部科学大臣賞(文学関係)受賞

要旨

菊池寛に編集を学び、太宰治に恋され、「プーさん」を訳し、「ノンちゃん」を生み出した。石井桃子とは誰だったのか?200時間におよぶインタビューと膨大な書簡をもとに仕事、生活、戦争秘話まで101年の稀有な生涯を描き尽くす。児童文学の巨星、初にして決定版評伝!

目次

第1章 浦和の小宇宙―一九〇七〜一九二六年
第2章 文藝春秋社と『幻の朱い実』―一九二七〜一九三六年
第3章 プーの降りてきた日―一九三三〜一九四〇年
第4章 戦争から生まれた『ノンちゃん』―一九四〇〜一九四五年
第5章 子どもの本の開拓者へ―一九四五〜一九五四年
第6章 家庭文庫とひみつの書斎―一九五五〜一九七五年
第7章 晩年のスタイル―一九七九〜二〇〇八年

出版社
商品紹介

作家、翻訳者、編集者。彼女なくして日本の「子どもの本」の扉は開かれなかった。百一年の稀有な生涯と秘話を描いた、初の大型評伝。

著者紹介

尾崎 真理子 (オザキ マリコ)  
1959年、宮崎市生まれ。青山学院大学史学科で近代イギリス史を専攻。82年に読売新聞東京本社に入社。92年から文化部記者として文芸月評や作家のインタビュー記事、連載小説などを担当する。2011年から同社編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)