• 本

明日の子供たち

出版社名 幻冬舎
出版年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-344-02614-8
4-344-02614-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 407P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 明日の子供たち

    有川浩が止まらない!最新刊の舞台は児童養護施設。そこにつらなる人々の想いが、深い涙や喜びへとかわっていく。きびしい社会の中でも、“希望”や“勇気”そんな光が救ってくれる。テンポよい会話のやりとりが有川作品の醍醐味。臨場感あふれる展開は、目の前で映像が流れていくようだ。自衛隊三部作や図書館戦争シリーズ、そして最近では「三匹のおっさん」で話題の有川作品の新たな魅力が伝わってくる。

    (2014年9月15日)

商品内容

要旨

三田村慎平・やる気は人一倍の新任職員。和泉和恵・愛想はないが涙もろい3年目。猪俣吉行・理論派の熱血ベテラン。谷村奏子・聞き分けのよい“問題のない子供”16歳。平田久志・大人より大人びている17歳。想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている!児童養護施設を舞台に繰り広げられるドラマティック長篇。

出版社・メーカーコメント

想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている!児童養護施設を舞台に繰り広げられるドラマティック長篇。諦める前に、踏み出せ。思い込みの壁を打ち砕け!児童養護施設に転職した元営業マンの三田村慎平はやる気は人一倍ある新任職員。愛想はないが涙もろい三年目の和泉和恵や、理論派の熱血ベテラン猪股吉行、“問題のない子供”谷村奏子、大人より大人びている17歳の平田久志に囲まれて繰り広げられるドラマティック長篇。

著者紹介

有川 浩 (アリカワ ヒロ)  
1972年高知県生まれ。『塩の街』で電撃小説大賞“大賞”を受賞し、2004年デビュー。映像化された作品も多く、幅広い世代から支持を集めている。また俳優の阿部丈二と演劇ユニット“スカイロケット”を結成し、演劇の世界へも挑戦の幅を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)