• 本

死んでしまう系のぼくらに

出版社名 リトルモア
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-89815-389-5
4-89815-389-5
税込価格 1,296円
頁数・縦 95P 19cm

商品内容

文学賞情報

2015年 第33回 現代詩花椿賞受賞

目次

望遠鏡の詩
夢やうつつ
きみはかわいい
図書館の詩
ライブハウスの詩
ぼくの装置
絆未満の関係性について
まくらの詩
線香の詩
恋文〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

ネット世代の詩人が綴る、表現の新次元。現代詩の概念を打ち破るような「詩で遊ぶ」ウェブアプリのリリースや、twitterやtumblrで作品を発表するなどジャンルを軽々と越え現代詩の新たな楽しみ方を提示し続けてきた最果タヒ。3冊目となる待望の新詩集は鋭利かつ叙情的な言葉で剥き出しの感情と誰もが抱える孤独を浮き彫りにする、書き下ろし含む44篇を収録。−−−死者は星になる。だから、きみが死んだ時ほど、夜空は美しいのだろうし、ぼくは、それを少しだけ、期待している。きみが好きです。死ぬこともあるのだという、その事実がとても好きです。「望遠鏡の詩」より抜粋

著者紹介

最果 タヒ (サイハテ タヒ)  
詩人・小説家。1986年、神戸市生まれ。第44回現代詩手帖賞、第13回中原中也賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)