• 本

フォルトゥナの瞳

出版社名 新潮社
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-10-336411-5
4-10-336411-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 361P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「運」と「選択」が生死を分ける!?

    「死」が見える、「死神」・・よくある物語かと思いきや、「運」や「選択」で生死が分かれることの事実を思い知らされました。『永遠の0』での主人公の葛藤と選択、『影法師』での自己犠牲・・など、百田尚樹さんの独特の人生観が、この作品でも生きているのではないでしょうか。純粋な青年の心の動きと、愛の行方に惹かれながら読みました。ただ、結末は驚きです。

    (2014年10月20日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

その男には、見たくないものが視えた。他人の「死」が。「運命」が―。幼い頃に両親と妹を亡くした木山慎一郎には、友人も恋人もいない。一日中働き、夜眠るだけの日々。夢も自信も持てない孤独な人生だった。その日までは―。

出版社・メーカーコメント

その若者には、見たくないものが視えた。他人の「死」が。「運命」が――。本屋大賞受賞後初の長編小説、遂に刊行! 幼い頃に両親と妹を亡くした木山慎一郎には、友人も恋人もいない。一日中働き夜寝るだけの日々。夢も自信も持てない孤独な人生だった。その日までは――。ミリオンセラーを連発する著者が、満を持して選んだテーマは「愛」と「死」と「選択」を巡る、人間の「運命」の物語。大切な人の「死」が見えたとき、あなたなら、どうしますか?