• 本

フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣

出版社名 大和書房
出版年月 2014年10月
ISBNコード 978-4-479-78299-5
4-479-78299-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 239P 19cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

高級料理を食べて、たくさん買い物をして、あちこち旅行をしても、心からの満足を感じられないのはなぜか?
 典型的なカリフォルニアガールだった著者は、フランス・パリの由緒ある貴族の邸宅にホームステイすることになり、その家を取り仕切るマダム・シックと出会う。彼女から学んだのは、毎日を“特別な日”のように生きること。それは、本当の意味で「生きる」ということであり、ただ存在しているだけでなく、しなやかに、力強く生きていくということだった。
 本書は、アメリカの物質主義に踊らされる生活に異を唱え、美しく心豊かな暮らしやシックなおしゃれを提案する著者が、パリで学んだ暮らしの秘訣=「人生の生き方」を紹介している。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2015年02月20日])

→情報工場SERENDIP×e-hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 典型的なカリフォルニアガールだった著者は、フランスの貴族の家にホームステイすることになり、半年間パリで暮します。そこで学んだ暮らしの秘訣を当時のエピソードを 織り交ぜてテーマごとに書かれた1冊です。本書はタイトルにある『10着』のワードローブについてだけではなく、食事、運動、 メイク、立ち振る舞いなど沢山の‘暮らしの秘訣’が書かれています。衣替えのこの時期にもぴったりのおすすめ本です。

    (2015年6月5日)

  • 「格好良い大人」のバイブル

     「断捨離」や「片付け」がブームになったぐらいには、モノで溢れている現代社会。その中で、例えば服を10着しか持たないことで暮らしの質を高めている人々がいる。著者がフランスで出会った貴族の人々がまさにそれ。余計なものを捨てたり削ぎ落としたりするのではなく、本当に必要なものだけを然るべき用途で大切に使うだけで「質」はおのずと上がっていく。
     メイクや女らしさというワードこそ登場しますが、女性だけでなく男性にもお勧めできます。「格好良い大人」の在り方がつまった1冊。

    (2014年12月19日)

他の書店レビューを見る

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

間食はせず、食事を存分に楽しむ。上質な物を少しだけ持ち、大切に使う。日常のなかに、ささやかな喜びを見つける。典型的なカリフォルニアガールだった著者は、フランスの貴族の家にホームステイすることになる。その家を取り仕切るマダム・シックから学んだ、毎日を“特別な日”のように生きること。

目次

1 食事とエクササイズ(間食はシックじゃない
食べる喜びを我慢しない
面倒がらずに体を動かす)
2 ワードローブと身だしなみ(10着のワードローブで身軽になる
自分のスタイルを見つける
ノーメイクみたいにメイクする
いつもきちんとした装いで
女らしさを忘れずに)
3 シックに暮らす(いちばん良い持ち物をふだん使いにする
散らかっているのはシックじゃない
ミステリアスな雰囲気を漂わせる
物質主義に踊らされない
教養を身につける
ささやかな喜びを見つける
質の良さにこだわる
情熱をもって生きる)

出版社
商品紹介

パリのマダムが教える上質な生き方。満足いく食事のために間食しない、ワードローブは10着、ミステリアスになる、教養を高める……。

出版社・メーカーコメント

パリのマダムが教える上質な生き方。満足いく食事のために間食しない、ワードローブは10着、ミステリアスになる、教養を高める…