• 本

町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争

出版社名 日経BP社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-8222-5056-0
4-8222-5056-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 245P 19cm

商品内容

要旨

えっ、私が社長!?ジリ貧会社を再生した勇気と知恵と笑顔の物語。

目次

第1章 突然、渡されたバトン(「余命4日」の衝撃
暗証番号が「最期の言葉」
治療費を稼ぐための起業 ほか)
第2章 手探りの会社再生(生き残りのための「3年の改革」
体当たりの「人材育成」
明日のための「フロンティア開拓」)
第3章 私の仕事論(社員の知恵を結集する
悩まないで迷う
「動け、動け」と念じる ほか)

著者紹介

諏訪 貴子 (スワ タカコ)  
1971年東京都大田区生まれ。95年成蹊大学工学部卒業後、自動車部品メーカーのユニシアジェックス(現・日立オートモティブシステムズ)入社。98年父に請われ、ダイヤ精機に入社するが、半年後にリストラに遭う。2000年再び父の会社に入社するが、経営方針の違いから2度目のリストラに。2004年父の急逝に伴い、ダイヤ精機社長に就任、経営再建に着手。その後、10年で同社を全国から視察者が来るほどの優良企業に再生した。経済産業省産業構造審議会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)