• 本

ナミヤ雑貨店の奇蹟

角川文庫 ひ16−9

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-04-101451-6
4-04-101451-4
税込価格 734円
頁数・縦 413P 15cm

■プロモーション動画

商品内容

要旨

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが…。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

おすすめコメント

ミステリーの名手らしい、文中に張りめぐらされた伏線。 それぞれの短編が繋がり、点が線となっていく展開。 そしてラスト1ページですべての謎が解けたとき、体験したことのない感動が押し寄せてくる…。 2012年の単行本発売時から、最高の読後感が味わえると評判を呼んだ作品です。 これまで何度も舞台化され、2017年9月には、山田涼介・西田敏行出演で映画化。 日本のみならず、アジア各国でも上映されています。 全世界で累計1,000万部超のベストセラー。ぜひ、ご一読ください。

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。エンジニアとして勤務しながら、85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)