• 本

包囲

角川文庫 す20−2 警視庁東京五輪対策室

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-04-101848-4
4-04-101848-X
税込価格 605円
頁数・縦 283P 15cm

商品内容

要旨

7年後の2020年夏季オリンピック開催に向け、警視庁に東京五輪対策室が発足した。個性豊かな面々が集められる中、五輪招致反対の活動家が殺害される。現場からは爆発物の材料が発見された。時を同じくして、五輪警備の実践演習と位置づけられた東京国体に、テロ予告が届く。予告状に付着した指紋が殺害現場からも見つかり、対策室はふたつの事件の犯人を追うが―。スリリングな展開の連続で描く、本格警察小説シリーズ第2弾!

著者紹介

末浦 広海 (スエウラ ヒロミ)  
1964年兵庫県生まれ。2008年、『訣別の森』で第54回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)