• 本

仮面病棟

実業之日本社文庫 ち1−1

出版社名 実業之日本社
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-408-55199-9
4-408-55199-6
税込価格 640円
頁数・縦 340P 16cm

息詰まる心理戦!病院を舞台にした密室ミステリー

  • サスペンス 
  • 密室 
  • 病院

『仮面病棟』は現役医師で作家の知念実希人さんが描く、本格医療サスペンスです。療養型病院にピエロの仮面を被った強盗犯が立てこもり、自ら撃った女の治療を要求する…。閉ざされた病院で繰り広げられる究極の心理戦、そして迎える衝撃の結末。緊張の糸が途切れない展開に思わず息を呑みます。表紙にはこの物語のキーとなる言葉が書かれ、読み終わったあとに見るとその言葉にうなること間違いなし!作者の知念さんと言えば、『天久鷹央の推理カルテ』で有名になり、ラノベっぽい表紙のため若年層に人気がありましたが、本作は大人でも納得の本格ミステリーです。ぜひ新しい知念ワールドを体験下さい。

商品内容

要旨

療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る―。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。現役医師が描く、一気読み必至の“本格ミステリー×医療サスペンス”。著者初の文庫書き下ろし!

著者紹介

知念 実希人 (チネン ミキト)  
1978年、沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)