• 本

教団X

出版社名 集英社
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-08-771590-3
4-08-771590-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 567P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 教団X

    日本の現代文学に本格的な小説が登場した。反響が反響をよび、世界各国での発刊が予定されているほど。中村文則の圧倒的な筆力が500ページを超えるスケールを貫き通す。人間の善と悪をあばき、理性と感性をむき出しにする。目をそむけずに、ページをめくり進めてほしい。読後にはこれまでに味わったことのない世界観が待っている。

    (2015年9月22日)

商品内容

要旨

謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。

出版社
商品紹介

謎のカルト教団と革命の予感。たったひとつの純粋な愛が、いくつもの運命の糸をたぐりよせる──。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。

出版社・メーカーコメント

絶対的な闇、圧倒的な光。「運命」に翻弄される4人の男女、物語は、いま極限まで加速する。米紙WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)年間ベスト10小説、アメリカ・デイヴィッド・グーディス賞を日本人で初受賞、いま世界で注目を集める作家の、圧倒的最高傑作! 謎のカルト教団と革命の予感。4人の男女の「運命」が重なり合い、この国を根底から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。ついに刊行。

著者紹介

中村 文則 (ナカムラ フミノリ)  
1977年、愛知県生まれ。福島大学卒業。2002年「銃」で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞、05年「土の中の子供」で芥川賞、10年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞。『掏摸』の英訳版が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルで2012年のベスト10小説に、『悪と仮面のルール』の英訳版が同紙の2013年ベストミステリーの10作品に選出される。また2014年、ノワール小説の分野に貢献した作家に贈られるアメリカの文学賞「デイビッド・グーディス賞」を日本人として初めて受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)