• 本

とんでもなく役に立つ数学

角川ソフィア文庫 K121−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-04-409476-8
4-04-409476-4
税込価格 821円
頁数・縦 241P 15cm

高校生の数学嫌いを吹き飛ばした「生きた数学」

  • 数学
  • 苦手克服
  • わかりやすい

西成先生は「数学で世界をより良くしたい!」と本気で考え、交通渋滞や人の混雑を数学の力で解消する「渋滞学」の研究で注目を集めた先生。本書は高校生とともに数学を使って世の中の問題を解き明かしていこうという4日間の授業を文庫化したものです。数学の細かな公式や記号は出てきません。数学を使って思考を深めながら、発想していく楽しさを感じられる一冊です。この本を読むと受験のときに刻みこまれた苦手意識や、公式の丸暗記といったイメージが一新!教科書からリアルな世界に広がると数学が一層楽しくなります。

商品内容

要旨

その問題、数学で乗り越えられます!「渋滞学」で有名な東大教授が、私たちの生活をよりよくする「生きた数学」を、高校生に本気で語る。経済予測にまどわされないコツ、東京マラソンで3万人をスムーズにスタートさせる方法、人生の選択に役立つグラフ―受験のときにきざみこまれた苦手意識や、公式の丸暗記など、形式ばったイメージも一新。教科書からリアルな世界へ。使えて楽しい、数学の新たな魅力を届けます。

目次

1章 いつも胸ポケットに、難問を(公式は忘れても、考え方は忘れない
現象の背景にある「理論」が知りたい ほか)
2章 数式から呼吸が聞こえる(抽象力と単純化
数学者がだまされにくい理由 ほか)
3章 ループをまわして、リアルな世界へ(教科書からリアルな世界へ
4つの壁を飛び越えて ほか)
4章 社会の大問題に立ち向かう(問題解決のために必要なこと
「人生の選択」で迷ったら―妥協点が見つかる関数のグラフ ほか)