• 本

64 上

文春文庫 よ18−4

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-16-790292-6
4-16-790292-3
税込価格 691円
頁数・縦 355P 16cm
シリーズ名 64

e-hon夏の100冊 おすすめコメント

ドラマ化、映画化になる理由がわかる長編ミステリー。アナログかつ終わりの見えない犯人探しを知ったとき、被害者の心が見えてきます。(2016年7月)

商品内容

要旨

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

出版社・メーカーコメント

二〇一二年のミステリー二冠! 究極の警察小説登場!昭和64年に起きたD県警史上最悪の事件を巡り警務部と刑事部が全面戦争に突入。その狭間に落ちた広報官・三上は己の真を問われる。

著者紹介

横山 秀夫 (ヨコヤマ ヒデオ)  
1957年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、上毛新聞社に入社。12年間の記者生活を経てフリーライターとなる。91年「ルパンの消息」が第9回サントリーミステリー大賞佳作に選ばれる。98年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞。2000年「動機」で第53回日本推理作家協会賞・短編部門を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)