• 本

後美術論

BT BOOKS

出版社名 美術出版社
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-568-20266-3
4-568-20266-3
税込価格 5,184円
頁数・縦 616,12P 20cm

商品内容

文学賞情報

2015年 第25回 吉田秀和賞受賞

要旨

「後美術」とは美術や音楽といった既成のジャンルの破壊を行うことで、ジャンルが産み落とされる前の起源の混沌から、新しい芸術の批評を探り当てる試み。例えば、ジョン・レノンとオノヨーコの活動を同じ「後美術」と呼ぶこと。ポピュラー音楽と前衛美術の枠組みが外されて、二人のアーティストとなったジョンとヨーコによる「音楽と美術の結婚」―。このジャンルを溶解させる婚姻から授かる創造の地平が「後美術」である。

目次

音楽と美術の結婚
新スロヴェニア芸術と動物園TV
スローターハウスの聖母たち
残虐行為への展覧会
次は溶解だ
地獄と髑髏
「歌う彫刻」と「人間=機械」

おすすめコメント

美術手帖で2010年から連載をしている美術批評・椹木野衣さんの「後美術論」を書籍化します。

著者紹介

椹木 野衣 (サワラギ ノイ)  
美術批評家。1962年秩父市生まれ。現在、多摩美術大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)