• 本

家康の遺言

出版社名 講談社
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-06-219397-9
4-06-219397-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 269P 20cm

商品内容

要旨

不撓不屈の超人は「安寧の世」の先に何を見たのか。石川数正ら忠臣たちや千姫から見た家康をめぐる五編。小説現代長編新人賞、朝日時代小説大賞W受賞の仁志耕一郎が描く新しい家康像。

おすすめコメント

「時には泥をかぶり、身内を死に追いやってでも太平の世をつくらねばならぬ」 元和二年、最晩年の家康は癪に悩まされながら、家内の安寧に心を砕いていた。床に入ると、家康に様々な怨みをもつ者たちが入れ替わり立ち替わり現れるーー(表題作)。ほか、石川数正、鳥居元忠、渡辺守綱らら忠臣たちや、千姫から見た家康の姿から浮き彫りになる人間・家康を描く短編集。逢坂の関門 〈石川数正〉家康の元から逐電して秀吉の家臣となった苦労人 不死身の月 〈鳥居元忠〉三河武士の剛胆さと優しさを備えた家康の絶対の忠臣 二人の半蔵 〈渡辺半蔵〉服部正成と名コンビで「槍の半蔵」と呼ばれた猛将 千の貝合わせ〈千姫〉 7歳で秀頼と結婚して織田側に。乱世に翻弄された姫君 家康の遺言 〈徳川家康〉最期の三か月。脳裡を駆け巡る気懸かりあれやこれや

著者紹介

仁志 耕一郎 (ニシ コウイチロウ)  
1955年富山県生まれ。東京造形大学卒業。広告制作や広告代理店勤務を経て、その後執筆に専念。2012年『玉兎の望』で第7回小説現代長編新人賞を受賞。『無名の虎』で第4回朝日時代小説大賞を受賞。同二作で第2回歴史時代作家クラブ賞新人賞も受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)