• 本

信濃が語る古代氏族と天皇 善光寺と諏訪大社の謎

祥伝社新書 415

出版社名 祥伝社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-396-11415-2
4-396-11415-X
税込価格 907円
頁数・縦 316P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

建御名方神、物部守屋、安曇氏、応神天皇、天武天皇…日本古代史の常識を書き換える秘められた伝承。

目次

序章 信濃に逃げる神と人(タケミナカタが結ぶ二つの聖地
善光寺境内で祀られていたタケミナカタ ほか)
第1章 善光寺秘仏と物部氏(独特の匂い
「信濃国には有名な霊場がない」といった修行僧 ほか)
第2章 諏訪信仰の深層(いくつもの文化圏に分かれる長野県
さまざまな形式の古墳 ほか)
第3章 タケミナカタと海人族(『日本書紀』に出てこないタケミナカタ
タケミナカタ信仰の背後 ほか)
第4章 信濃にまつわる古代天皇の事蹟(地獄に堕ちた女帝
突然消えたヒスイ文化の謎 ほか)

出版社・メーカーコメント

建御名方(たけみなたか)神、物部守屋、安曇氏、応神天皇、天武天皇…… 日本古代史の常識を書き換える 秘められた伝承 古代の信濃がわかれば、古代の日本も見えてくる…… ──善光寺に、なぜ守屋柱があるのか? ──元善光寺が、なぜ河内にあるのか? ──諏訪の神は、なぜ八幡・住吉と同体と伝わるのか? ──タケミナカタは、なぜ出雲から逃げてきたのか? ──諏訪大社は、なぜ上下社に分かれているのか? ──安曇氏は、なぜ安曇野に来たのか? ──天武天皇は、なぜ信濃に目をつけたのか? ■誰も知らなかった古代史の真相 善光寺と諏訪大社の名を知らない人はないだろう。しかし、この二つの霊場がどういった創建の経緯を歩んだのかを聞かれて、答えられる人は少ない。本当のところ、学者や研究者たちも、よくわかっていないのだ。信濃の国の古代は、深い謎に包まれている。そこは、中央の政治に強い影響を受け、そのときの文化をいまに残す特殊な地域である。だから、信濃を考えれば、日本の古代も見えてくる。二つの霊場の歴史に共通するのは、タケミナカタという出雲から逃げてきた神である。本書は、この神の正体を追いながら、知られざる古代の姿にせまっていく。

著者紹介

関 裕二 (セキ ユウジ)  
1959年、千葉県生まれ。歴史作家。『聖徳太子は蘇我入鹿である』で衝撃的デビューを果たしたのち、日本古代史を中心に、ユニークな視点から執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)