• 本

ゾウの鼻はなぜ長い 知れば知るほど面白い動物のふしぎ33

増補

ちくま文庫 か68−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-480-43275-9
4-480-43275-2
税込価格 778円
頁数・縦 245,3P 15cm

商品内容

要旨

「ライオンのオスには、なぜたてがみがあるの?」「走るのが一番うまい動物は?」「ウサギの目はなぜ赤い?」長い時間をかけて環境へ適応してきた動物たち、彼らのからだの特徴にはそれぞれの暮らしに通じる理由があった。元動物園の解説員が動物の不思議をやさしく解き明かす。最新の動物学に合わせて全面的に加筆修正、新たに3編を加えて文庫化。

目次

第1章 体つきがいろいろなのは暮らし方がいろいろの証拠(ゾウの鼻はなぜ長いの?
シカの角は、一生のび続けるの?
ウシの角も生えかわるの? ほか)
第2章 進化の選択は究極の物理学(動物の歯も生えかわるの?
イヌやネコは、なぜあんなに早食いなの?
アシカとアザラシ、どこが違う? ほか)
第3章 先祖から受け継いだ習性が子孫たちに引き継ぐ命(サルの顔はなぜ赤い?
動物は汗をかかないの?
動物はお風呂に入らなくて大丈夫なの? ほか)

おすすめコメント

動物には不思議がいっぱい。「ネコの目はなぜ光る?」「動物は汗をかくの?」など、動物たちが生き残りのために身につけた驚きの生態を楽しく解説。

著者紹介

加藤 由子 (カトウ ヨシコ)  
1949年大分県生まれ。日本女子大学卒業。専門は動物行動学。動物園の解説員を経て、動物関係のライター・エッセイストとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)