• 本

世界史で学べ!地政学

出版社名 祥伝社
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-396-61527-7
4-396-61527-2
税込価格 1,728円
頁数・縦 309P 19cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

東西冷戦の終結は平和をもたらすどころか、ウクライナ紛争、南シナ海問題など国際情勢はますます混迷をきわめている。これらの原因を理解するには、注意深く歴史を見る目と、地政学的な視点が欠かせない。本書では、学校では教えてくれない地政学と、世界史を組み合わせることで、さまざまな国家間の対立や紛争・戦争がなぜ引き起こされるかを、新たな視点から解き明かしている。古今東西の世界の紛争や戦争、同盟・協力関係などをランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)というキーワードから分析する。ダイジェストでは、ヨーロッパと中国に関するパートを取り上げた。著者は駿台予備学校世界史科講師で、現代ニュースを歴史的な切り口から考察する「もぎせかブログ館」を運営する人気ブロガーでもある。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2015年07月15日])

→情報工場SERENDIP×e-hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

なぜ日米は太平洋上でぶつかったのか。日中関係と北方領土問題の根本原因は―新聞では分からない世界の歴史と国際情勢が、地政学の視点ならスッキリと見えてくる!世界を9つの地域に分けてわかりやすく解説。ベストセラー「経済は世界史から学べ!」の著者が贈るビジネスパーソン必読の書。

目次

アメリカ帝国の衰退は不可避なのか(アメリカは「島」である
貧農たちが開拓者精神を育んだ ほか)
台頭する中国はなぜ「悪魔」に変貌したのか?(そもその「中国」とは何か?
「ランドパワー帝国」中国がとった三つの政策 ほか)
朝鮮半島―バランサーか、コウモリか?(侵略されつづけた半島国家
東アジアのシーパワーによる支配 ほか)
東南アジア諸国の合従連衡(なぜ東南アジアは雑多な世界なのか
中国VSベトナムの2000年戦争 ほか)
インドの台頭は世界をどう変えるのか?(「インド人」という民族は存在しない
チベットという防波堤 ほか)
ロシア―最強のランドパワーが持つ三つの顔(ロシアは三つの顔を持つ
世界最大のランドパワー ほか)
拡大し過ぎたヨーロッパ―統合でよみがえる悪夢(ヨーロッパは「世界島」から突き出した半島
オフショア・バランシング―島国イギリスの世界戦略 ほか)
永遠の火薬庫中東1 サイクス・ピコ協定にはじまる紛争(輸送ルートをめぐる争い
中東紛争の種は播かれた ほか)
永遠の火薬庫中東2 トルコ、イラン、イスラエル(オスマン帝国はセブール条約で切り刻まれた
日韓関係とそっくりなトルコ・ギリシア関係 ほか)
収奪された母なる大地アフリカ(人類の母なる大地
黒人奴隷狩りの真相 ほか)

出版社
商品紹介

駿台予備校の名物世界史講師が今日の世界情勢を読む。

出版社・メーカーコメント

ビジネスパーソン必読の書 なぜ日米は太平洋上でぶつかったのか。日中関係と北方領土問題の根本原因は── 新聞では分からない世界の歴史と国際情勢が、地政学の視点ならスッキリと見えてくる! アメリカは「島」 ヨーロッパは「半島」 [地政学とは] 地理的な条件が国際政治に与える影響を考える学問 世界を9つの地域に分けてわかりやすく解説 ●覇権国アメリカの時代は2050年に終わる ●悪魔に変貌した中国が目指す海洋進出戦略 ●朝鮮半島──侵略され続けた国家の理由 ●東南アジア──交通の要所争奪の歴史 ●インドの台頭は世界をどう変えるのか? ●なぜロシアはウクライナを手放したくないのか ●ヨーロッパ通貨危機を地政学で読み解く ●中東を火薬庫に変えたオスマン帝国の解体 ●アフリカの大地で行なわれた米ソの代理戦争とは 国際政治はランドパワー(大陸国家)と シーパワー(海洋国家)のせめぎあい 地政学(ジオポリティクス)は、リアリズムの一つです。国家と国家が国益をかけて衝突するとき、地理的条件がどのように影響するかを論じます。アメリカのマハン、イギリスのマッキンダーが、海洋国家(シーパワー)としての地政学を構築しました。海軍によるシーレーンの確保を最重視する理論です。すると今度は、第一次世界大戦の敗戦国ドイツでハウスホーファーが大陸国家(ランドパワー)としての地政学を練り上げました。本書は、今日の国際紛争を地政学的見方から読み解いたものです。相手の思考方法、世界のルールを熟知すれば近未来予想も可能になり、日本のとるべき選択肢もはっきり見えてくるでしょう。(プロローグより)

著者紹介

茂木 誠 (モギ マコト)  
東京都出身。駿台予備学校世界史科講師。「東大世界史、難関国立大世界史」等の講座を担当する。予備校講師とは別に、現代ニュースを歴史的な切り口から考察する「もぎせかブログ館」を運営する人気ブロガーとしての顔も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)