• 本

つまをめとらば

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-16-390292-0
4-16-390292-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 253P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • つまをめとらば

    直木賞受賞作はコチラ。待ってました!松本清張賞、大藪春彦賞を受賞し、直木賞候補も経験済みの実力十分の作者が放った、読み応え十分の武家モノ傑作時代小説だ。
    「時代小説はちょっと・・・」という方にも、ぜひおすすめしたい。読みやすさが秀逸です。時代小説の新旗手がはなつこれからの青山文平作品が楽しみ。江戸情緒にどっぷりとつかってください。なんとなく笑いがこみあげてくるあたりもこの作品の魅力かも。この作品がきっかけで、時代小説の虜になるかもしれませんよ。

    (2016年2月2日)

  • こんな妻ならよいのか悪いのか

    短編時代小説集。江戸時代の夫婦をさらりと描き、時代がよくわかる。男の弱さ女の強さが分かる。

    (2016年1月3日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2015年 第154回 直木賞受賞

要旨

太平の世に行き場を失い、人生に惑う武家の男たち。身ひとつで生きる女ならば、答えを知っていようか―。時代小説の新旗手が贈る傑作武家小説集。

出版社
商品紹介

去った女、逝った妻……瞼に浮かぶ、獰猛なまでに美しい女たちの面影はいまなお男を惑わせる。江戸の町に乱れ咲く、男と女の性と業。

おすすめコメント

女が映し出す男の無様、そして、真価――。太平の世に行き場を失い、人生に惑う武家の男たち。身ひとつで生きる女ならば、答えを知っていようか――。時代小説の新旗手が贈る傑作武家小説集。「ひともうらやむ」「つゆかせぎ」「乳付」「ひと夏」「逢対」「つまをめとらば」 男の心に巣食う弱さを包み込む、滋味あふれる物語、六篇を収録。

著者紹介

青山 文平 (アオヤマ ブンペイ)  
1948年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。経済関係の出版社に十八年勤務、その後フリーライターを経て、2011年『白樫の樹の下で』で第十八回松本清張賞受賞。2015年には『鬼はもとより』で第十七回大藪春彦賞受賞。同作は第一五二回直木賞候補にもなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)