• 本

はじめての不倫学 「社会問題」として考える

光文社新書 770

出版社名 光文社
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-334-03873-1
4-334-03873-5
税込価格 886円
頁数・縦 264P 18cm

商品内容

要旨

既婚者が、「不倫」の誘惑に抵抗するためにはどうすればいいか?子どもや若者世代の貧困、ひとり親家庭や生活保護、高齢者の孤独死など社会問題の背景には、「不倫」がもたらす家庭破綻、それに伴う経済状況や健康状態の悪化が潜んでいる。にもかかわらず、「不倫」は個人の色恋沙汰、モラルの問題として捉えられてしまっているのが現状だ。本書では、既存の「結婚」に囚われない多様な在り方を実践している男女への取材をまじえながら、「不倫」を「個人の問題」として捉える視点から脱し、「社会の問題」として捉えなおすことによって「不倫」の予防と回避のための処方箋を提供する。本邦初の実践的不倫学!

目次

第1章 不倫学入門(現代社会における不倫の現実
不倫を学問する
不倫を歴史で考える)
第2部 不倫ワクチンを開発せよ(職場環境と人間関係の整備
夫婦関係や家庭を壊さない婚外セックス
婚外セックスを前提とした夫婦関係
希望としてのポリアモリー)
終章 無防備からの卒業

おすすめコメント

『男子の貞操』で注目の東大上野千鶴子ゼミ出身の著者が、「不倫」を「個人の問題」から「社会の問題」として捉えなおした。

著者紹介

坂爪 真吾 (サカツメ シンゴ)  
1981年新潟市生まれ。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。東京大学文学部卒。新しい「性の公共」をつくる、という理念の下、重度身体障害者に対する射精介護サービス、性風俗産業の社会化を目指す「セックスワーク・サミット」の開催など、社会的な切り口で、現代の性問題の解決に取り組んでいる。2014年社会貢献者表彰、2015年新潟人間力大賞グランプリ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)