• 本

女警察署長

徳間文庫 か31−7 K・S・P

出版社名 徳間書店
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-19-894010-2
4-19-894010-X
税込価格 842円
頁数・縦 621P 15cm

商品内容

要旨

歌舞伎町特別分署新任署長の村井貴里子は、都知事を介し、米国人資産家に引き合わされる。知事の友人である資産家の自宅が盗難にあい、その中に音楽家の妻が愛用するヴァイオリンの名器が含まれていた。贓品の買い手は朱向紅。新宿で壮絶な銃撃戦のすえ射殺されたチャイニーズマフィアだった。仲間で逃亡中の朱栄志も蠢きだした。特捜部チーフ・沖幹次郎は捜査を開始する!長篇警察小説。

おすすめコメント

K・S・P(歌舞伎町特別分署)署長に就任した村井貴里子は都知事を介して突飛な依頼を受ける。それは窃盗団に奪われた世界的奏者のヴァイオリンを探し出すこと。貴里子は特捜部チーフ・沖幹次郎と捜査を開始するが、そこに彼らの怨敵である中国マフィアの朱栄志が再び立ちはだかる。ヴァイオリンの行方を巡り、死闘を繰り広げる両者。やがてそのヴァイオリンに隠された衝撃の真相が明らかに。人気警察小説シリーズ第4弾!

著者紹介

香納 諒一 (カノウ リョウイチ)  
1963年、神奈川県生まれ。91年、「ハミングで二番まで」で小説推理新人賞を受賞。99年、『幻の女』で日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)