• 本

京都ぎらい

朝日新書 531

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-02-273631-4
4-02-273631-3
税込価格 821円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

文学賞情報

2016年 第9回 新書大賞受賞

要旨

あなたが旅情を覚える古都のたたずまいに、じっと目を凝らせば…。気づいていながら誰もあえて書こうとしなかった数々の事実によって、京都人のおそろしい一面が鮮やかに浮かんでくるにちがいない。洛外に生まれ育った著者だから表現しうる京都の街によどむ底知れぬ沼気(しょうき)。洛中千年の「花」「毒」を見定める新・京都論である。

目次

1 洛外を生きる(京都市か、京都府か
さまざまな肥やし ほか)
2 お坊さんと舞子さん(芸者か、芸子か
呉服と映画の時代は、すぎさって ほか)
3 仏教のある側面(北山の大伽藍
写真とイラスト ほか)
4 歴史のなかから、見えること(皇居という名の行在所
京都で維新を考える ほか)
5 平安京の副都心(嵯峨、亀山、小倉山
南朝の夢の跡 ほか)

おすすめコメント

憧れを集める歴史の都・京都を「きらい」と明言する京都育ち・在住の著者が、千年積もった洛中人の毒など、衝撃の新京都論を綴る。

著者紹介

井上 章一 (イノウエ ショウイチ)  
1955年、京都府生まれ。京都大学工学部建築学科卒、同大学院修士課程修了。京都大学人文科学研究所助手ののち現在、国際日本文化研究センター教授。同副所長。専門の建築史・意匠論のほか、日本文化について、あるいは美人論、関西文化論などひろい分野にわたる発言で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)