• 本

自治体職員再論 人口減少時代を生き抜く

出版社名 ぎょうせい
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-324-10027-1
4-324-10027-6
税込価格 2,376円
頁数・縦 263P 21cm

商品内容

要旨

全国5か所で開催した10時間集中セミナーを1冊にまとめました。自治体職員の真実を語り尽くす!地方創生や新人事評価制度から日本特有の「大部屋執務」まで切り込む。

目次

第1講 自治体職員になるとは、どういうことか(職員は首長(執行機関)と議会(議事機関)の「補助機関」
地方公務員法の扱い ほか)
第2講 地方自治制度をめぐる変化(地方分権改革
「平成の大合併」について ほか)
第3講 地域観と自治体職員(地域―自然と物と人と出来事
地域に関する「臨床の知」 ほか)
第4講 自治体職員の職場(大部屋主義の職場組織
職場には内包されている教育機能 ほか)
第5講 人事管理と職員の働き方(職員の人事管理
職員の自主研究活動 ほか)
講義を終えるに当たって

著者紹介

大森 彌 (オオモリ ワタル)  
1940年東京都生まれ。東京大学名誉教授、東大大学院博士課程修了。東大教養学部教授、学部長を経て、2000年東大停年後、千葉大学法経学部教授。05年定年退職。行政学・地方自治論を専攻。現在、地域活性化センター「全国地域リーダー養成塾」塾長、全国町村会「道州制と町村に関する研究会」座長、NPO地域ケア政策ネットワーク代表理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)