本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

    本のこだわり検索


    トップ > 本・コミック > 文芸 > 日本文学 > 文学 女性作家


    本

    終わった人

    内館牧子/著
    出版社名 : 講談社
    出版年月 : 2015年9月
    ISBNコード : 978-4-06-219735-9
    (4-06-219735-9)
    税込価格 : 1,728円
    頁数・縦 : 373P 19cm
    出荷の目安 : 通常1〜2日で出荷します

    ■立ち読みページを見る (画像をクリックすると大きくなります)

    プロローグ

    プロローグ

    この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

    商品の内容

    [要旨]

    大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられそのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。妻は夫との旅行などに乗り気ではない。「まだ俺は成仏していない。どんな仕事でもいいから働きたい」と職探しをするが、取り立てて特技もない定年後の男に職などそうない。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。

    [出版社商品紹介]

    「定年って生前葬だな」仕事一筋だった男が定年を迎え、人生の居場所を求めて惑い、あがき続ける。果たして安息の時は訪れるのか?

    おすすめコメント

    定年って生前葬だな。衝撃的なこの一文から本書は始まる。大手銀行の出世コースから子会社に出向させられ、そのまま定年を迎えた主人公・田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れる。年下でまだ仕事をしている妻は旅行などにも乗り気ではない。図書館通いやジムで体を鍛えることは、いかにも年寄りじみていて抵抗がある。どんな仕事でもいいから働きたいと職探しをしてみると、高学歴や立派な職歴がかえって邪魔をしてうまくいかない。妻や娘は「恋でもしたら」などとけしかけるが、気になる女性がいたところで、そう思い通りになるものでもない。これからどうする? 惑い、あがき続ける田代に安息の時は訪れるのか? ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す──。シニア世代の今日的問題であり、現役世代にとっても将来避けられない普遍的テーマを描いた話題沸騰必至の問題作。

    著者紹介

    内館 牧子 (ウチダテ マキコ)  

    1948年秋田市生まれの東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、13年半のOL生活を経て、1988年脚本家としてデビュー。テレビドラマの脚本に「ひらり」(1993年第1回橋田壽賀子賞)、「てやんでえッ!」(1995年文化庁芸術作品賞)、「毛利元就」(1997年NHK大河ドラマ)、「私の青空」(2000年放送文化基金賞)、「塀の中の中学校」(2011年第51回モンテカルロテレビ祭テレビフィルム部門最優秀作品賞およびモナコ赤十字賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    著者情報

    内館 牧子

    1948年秋田市生まれの東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、13年半のOL生活を経て、1988年脚本家としてデビュー。テレビドラマの脚本に「ひらり」(1993年第1回橋田壽賀子賞)、「てやんでえッ!」(1995年文化庁芸術作品賞)、「毛利元就」(1997年NHK大河ドラマ)、「私の青空」(2000年放送・・・ ・・・ ⇒もっと詳しく

    同じ著者名で検索した本

    このページの上部へ