• 本

毎日が幸せだったら、毎日は幸せと言えるだろうか? HAPPINESS

出版社名 ワニブックス
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-8470-9377-7
4-8470-9377-1
税込価格 1,500円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 19cm

商品内容

要旨

悲しみが、いつかあなたを笑わせてくれる。その痛み、必要な出来事なんじゃね?「悩み」で悩めなくなる、112の希望メッセージ。

おすすめコメント

240Pフルカラー! 世界初の体験型詩集!―この本を、幸せへ贈ります。 「“まだ誰も幸せじゃない”それさえ分かればもうみんなが幸せだ」 「押してダメなら、引いてみな。笑ってダメなら、泣いてみな」 「不満を探せば、見つかります。幸せを探せば、見つかります。 どちらを探すかは選べます。マジ、テンション上がらない?」 など、「悩み」で悩めなくなる、112のメッセージ(希望)。 2冊同時発売!『もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。』(ワクワクが湧く、114のメッセージ) 『毎日が幸せだったら、毎日は幸せと言えるだろうか?』(「悩み」で悩めなくなる、112のメッセージ)

著者紹介

さとう みつろう (サトウ ミツロウ)  
札幌の大学を卒業後、エネルギー系の大企業に入社し、現代社会が抱える矛盾点に気づき思い悩む。2011年「社会を変えるためには、1人ひとりの意識の革新が必要だ」と痛感し、“読むだけで魂が目覚める”文章を目標に、ブログ『笑えるスピリチュアル』を立ち上げる。各種人気ランキングで1位となる。2014年読者や周囲の声に応える形でサラリーマンを引退し、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催し、大勢の人に「笑いと勇気」を届け続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)