• 本

ヘッケルと進化の夢(ファンタジー) 一元論、エコロジー、系統樹

出版社名 工作舎
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-87502-466-8
4-87502-466-5
税込価格 3,456円
頁数・縦 417P 20cm

商品内容

文学賞情報

2016年 第70回 毎日出版文化賞受賞

要旨

本書は、毀誉褒貶に満ちたその多彩な断片をつなぎ合わせ、「ヘッケルという織物」の全体像を、可能なかぎり具体的に再現する試みでもある。

目次

第1部 生涯と一元論の構想(ヘッケルの生涯と一九世紀ドイツ―進化論との遭遇および一元論への開眼
一元論と『有機体の一般形態学』
資料篇 『有機体の一般形態学』の章立てと概要)
第2部 一元論のもたらしたもの―文化・社会への影響(魅惑的な生物発生原則
ミッシングリンクの夢―ガストレア、モネラ、ピテカントロプス
科学の自由について
ドイツ一元論者同盟と教会離脱運動
ヘッケルの人種主義と優生思想
エコロジーの誕生
プランクトン論争
自然の芸術形態
結晶の魂―結晶、ゼーレ、実体則)

著者紹介

佐藤 恵子 (サトウ ケイコ)  
1956年、東京生まれ。1978年、東京大学薬学部卒業、1989年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。現職、東海大学総合教育センター教授。専門領域は、科学思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)