• 本

昭和天皇実録 第3

自大正十年至大正十二年

出版社名 東京書籍
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-487-74403-9
4-487-74403-2
税込価格 2,041円
頁数・縦 989P 23cm
シリーズ名 昭和天皇実録

商品内容

要旨

二十歳を目前にした皇太子裕仁親王は、六か月の欧洲巡遊に出発される。各国首脳と市民から盛大な歓迎を受ける一方、第一次世界大戦の惨禍を目の前たりにし、戦争というものの悲惨さを深く胸に刻まれた。帰国後、国民の大きな期待の中、摂政に御就任、あらたな日本の行く末を担うこととなる。しかしそこに待ち受けていたのは、空前の大震災、そして狙撃未遂事件であった。欧洲御巡遊、摂政御就任、関東大震災―時代の大きな節目に生きる青年時代を記す。

目次

巻7 大正十年一月〜五月
巻8 大正十年六月〜十二月
巻9 大正十一年
巻10 大正十二年

おすすめコメント

『昭和天皇実録』は平成2年より、宮内庁において24年間の歳月をかけ編修され、平成26年8月、本文60巻が天皇皇后両陛下に奉呈されました。明治34年の御誕生から昭和64年の崩御に至るまでの89年間、「激動の時代」を生きた天皇の御事蹟、そしてそれにまつわる日本の政治、社会、文化などを余すところなく記述されています。そこにはそれまで知られていなかった昭和天皇の生きた御姿とその時代が、生き生きと記されています。【『昭和天皇実録 第三』(大正十年〜大正十二年)の内容】 若き皇太子裕仁は、六か月の海外巡遊に出発される。南アジア・欧州での各国首脳と市民たちの熱狂的な歓迎の中、第一次世界大戦の戦場ヴェルダンの地に立たれ、その光景に戦争というものの悲惨さを深く胸に刻まれた。帰国後、国民の大きな期待の中、摂政に御就任、あらたな日本の行く末を担うことになる。しかしそこに待ち受けていたのは、空前の大震災であった。