• 本

人魚の眠る家

出版社名 幻冬舎
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-344-02850-0
4-344-02850-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 388P 19cm

■プロモーション動画

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 人魚の眠る家

    日本を代表する稀代のストーリーテラーの東野圭吾の作家デビュー30周年記念にふさわしい書き下ろし作品が発刊された。早くも話題騒然となっている。息苦しいまでの重いテーマ。生きるとは何か、死とは何かと問いかけられながら読むものを吸い込んでいく。ここにはトリックは描かれていない。だが、脳死、延命治療、移植などの問題をしっかりと見つめなおした骨太なミステリは、やはり東野作品だからこそといえる。

    (2016年1月4日)

商品内容

要旨

娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。娘がプールで溺れた―。病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか―。

おすすめコメント

答えてください。 娘を殺したのは私でしょうか。 東野圭吾作家デビュー30周年記念作品 『人魚の眠る家』 娘の小学校受験が終わったら離婚する。 そう約束した仮面夫婦の二人。 彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。 娘がプールで溺れたー。 病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。 そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。 過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。 愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。 こんな物語を自分が書いていいのか? 今も悩み続けています。 東野圭吾

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958年大阪府生まれ。85年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)