• 本

無垢の領域

新潮文庫 さ−82−3

出版社名 新潮社
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-10-125483-8
4-10-125483-4
税込価格 680円
頁数・縦 368P 16cm

商品内容

要旨

道東釧路で図書館長を務める林原を頼りに、25歳の妹純香が移住してきた。生活能力に欠ける彼女は、書道の天才だった。野心的な書道家秋津は、養護教諭の妻伶子に家計と母の介護を依存していた。彼は純香の才能に惚れ込み、書道教室の助手に雇う。その縁で林原と伶子の関係が深まり…無垢な存在が男と女の欲望と嫉妬を炙り出し、驚きの結末へと向かう。濃密な長編心理サスペンス。

おすすめコメント

道東釧路で図書館長を務める林原を 頼りに、25歳の妹純香が移住してき た。生活能力に欠ける彼女は、書道 の天才だった。野心的な書道家秋津 は、養護教諭の妻玲子に家計と母の介護を依存していた。彼は純香の才能に惚れ込み、書道教室の助手に雇う。その縁で林原と玲子の関係が深まり……無垢な存在が男と女の欲望と嫉妬を炙り出し、驚きの結末へと向かう。濃密な長編心理サスペンス。

著者紹介

桜木 紫乃 (サクラギ シノ)  
1965(昭和40)年、北海道釧路市生れ。2002(平成14)年「雪虫」でオール讀物新人賞を受賞。’07年同作を収録した単行本『氷平線』でデビュー。’12年に『ラブレス』で「突然愛を伝えたくなる本大賞」、’13年に同作で島清恋愛文学賞、『ホテルローヤル』で直木賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)