• 本

若い読者のための第三のチンパンジー 人間という動物の進化と未来

出版社名 草思社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-7942-2175-9
4-7942-2175-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 350P 19cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

私たちはたいてい、高度な文明を築いた「人間」を、他の動物はまったく異なる別の生き物として捉えている。ところが、実はヒトの遺伝子の98%はチンパンジーと変わらないことが、研究によって明らかになっている。本書では、「ヒトとチンパンジーを分けるわずかな違いはどこにあるのか」「人間とはどんな動物なのか」などの疑問について、先史時代から現代に至るまでの文明史をたどりながら論じている。性行動、加齢、芸術、農業、薬物乱用、地球外知的生命の可能性、征服とジェノサイド(大量虐殺)、種の絶滅など多岐にわたるテーマに、進化生物学、遺伝学、人類学、生物地理学などの視点からアプローチ。著者はピュリッツァー賞を受賞したベストセラー『銃・病原菌・鉄』で知られる進化生物学者・生理学者・生物地理学者で、本書はその第一作に最新の情報を加え、読みやすくコンパクトにしたものである。

※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年02月10日]

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

商品内容

要旨

ダイアモンド博士の第一作『人間はどこまでチンパンジーか?』が、最新の情報を取り入れてより読みやすくコンパクトに!『銃・病原菌・鉄』『文明崩壊』『昨日までの世界』のテーマがこの1冊に凝縮!「人間とは何か」を問う知的冒険の一冊!

目次

第1部 ありふれた大型哺乳類(三種のチンパンジーの物語
大躍進)
第2部 奇妙なライフサイクル(ヒトの性行動
人種の起源
人はなぜ歳をとって死んでいくのか)
第3部 特別な人間らしさ(言葉の不思議
芸術の起源
農業がもたらした光と影
なぜタバコを吸い、酒を飲み、危険な薬物にふけるのか
一人ぼっちの宇宙)
第4部 世界の征服者(最後のファーストコンタクト
思いがけずに征服者になった人たち
シロかクロか)
第5部 ひと晩でふりだしに戻る進歩(黄金時代の幻想
新世界の電撃戦と感謝祭
第二の雲)

おすすめコメント

チンパンジー(コモンチンパンジー)、ボノボ(ピグミーチンパンジー)と人間の遺伝子はじつに「98.4%」が同じ。人間は「第三のチンパンジー」。たっ「1.6%」の差異が、なぜここまで大きな違いを産み出したか? 分子生理学、進化生物学、生物地理学等の幅広い知見と視点から、壮大なスケールで「人間とは何か」を問い続けるダイアモンド教授の記念すべき第一作が、より最新の情報をふまえ、読みやすくなって登場!

著者紹介

ダイアモンド,ジャレド (ダイアモンド,ジャレド)   Diamond,Jared
進化生物学者、生理学者、生物地理学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校社会科学部地理学科教授。一般向けの初めての著書が『人間はどこまでチンパンジーか?』(新曜社)。『銃・病原菌・鉄』でピュリッツァー賞、コスモス国際賞等を受賞、「ゼロ年代の50冊」(朝日新聞社)の第1位に選出
ステフォフ,レベッカ (ステフォフ,レベッカ)   Stefoff,Rebecca
歴史・科学読物作家。名著についての若い読者向けの編著で定評がある
秋山 勝 (アキヤマ マサル)  
立教大学卒業、出版社勤務を経て翻訳の仕事に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)