• 本

リーダー論

講談社AKB48新書 002

出版社名 講談社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-06-219896-7
4-06-219896-7
税込価格 800円
頁数・縦 190P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • “たかみな”は「考えるアイドル」である。

    言わずと知れたAKB48グループの初代「総監督」の著書。たかだアイドルの語り下ろしと高を括って読んでいくと、「あれ?するど・・」為になる。努力と観察力、実行力に敬服させられる。AKB48の基本は「走りながら考える」(本文)のだそうだ。次々と進化、展開していったグループのスピードを考えるとなんだか分かる。彼女の努力には汗臭さがない。どうしてか?それは彼女の「努力」がひと昔前のスポーツ選手にあるど根性イズムの上にあるものではなく現代的アスリートのメンタリティーを持つからだ。本書を読めばそれが分かる。例えばある時、自分ではすべてのメンバー一人一人との関係を結ぶのは無理であると考え、それぞれのチームリーダーに仕事を「任せる」ことを覚える。まるで経営者である。「走りながら考える」そして学んだことをひとつひとつ自分自身の教訓にしてゆく。気に入った一節を最後に紹介します。

    ー「やばい」と思えたら、「まだいける」
    「できないこと」は努力しだいで「伸びしろ」になると思うんです。
    弱いからこそ、強くなれる。凡人はつよいです。(p133)

    (2016年4月5日)

  • 努力は必ず報われる!!

    24歳にして300人もの女子集団組織を率いてきたAKBグループ総監督が語る実践的リーダー論。革新的なリーダー論が語られているわけではありません。世に数あるビジネス書に時に小難しく書いてあるような内容が実に平易で簡明な表現で綴られています。何より実体験をもとに語られる言葉には説得力もあります。 今現在リーダー的地位にある人だけでなく、若い世代の方々に特にお薦めしたい。対人関係の悩み、女子の組織独特のやっかいな人間関係の悩み、自らの「がんばり」が報われない事による悩み…等々、それら心のモヤモヤ感を解消するためのヒントに出逢えるかもしれません。「努力は必ず報われる!」とは高橋総監督の名言。私も心の底から共感します。そう信じながら生きる方が希望があるじゃないですか。

    (2015年12月31日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

「“努力”はかっこ悪いものじゃない」AKB48グループ総監督が10年間の実体験を元に語る、超実践的リーダー論。まとめる力。

目次

第1章 リーダーの仕事
第2章 劣等生でもリーダーになれる
第3章 ひとりひとりの理解者になる―たかみな流コミュニケーション術 基礎編
第4章 ダマをほぐして、チームをつなぐ―たかみな流コミュニケーション術 応用編
第5章 心を掴むスピーチ術
第6章 努力論
第7章 たかみなイズム
第8章 AKB48のチーム論
第9章 「任せる」ことがリーダーの最後の仕事

おすすめコメント

AKB48を卒業する高橋みなみが、最後に語る”リーダー論”。 24歳にして、300人を超すメンバーたちを、ときに厳しく叱咤し、ときに優しく励ましながら率いてきたAKB48グループ総監督・高橋みなみ。14歳でAKB48に加入したときは、人の先頭に立つタイプではなかった彼女が、10年間のAKB48の活動の中でいかにして現在のような「まとめる力」を身につけたのか。 メンバーをつなぎ、チームをひとつにするコミュニケーション術、心を打つスピーチの秘訣、努力することの意味や嫌われる勇気を持つことの大切さなど、リーダーとしての心得を豊富な実体験をもとに語ります。 本書はAKB48グループのメンバーやファンへ向けた高橋みなみの”総監督としてのラストメッセージ”であると同時に、一般の社会人から学生まで、幅広い世代の人たちに「へこたれずに生きるヒント」を与えてくれる自己啓発書になっています!

著者紹介

高橋 みなみ (タカハシ ミナミ)  
1991年4月8日生まれ。東京都出身。2005年にAKB48の第1期メンバーとして活動開始。2009年にAKB48・チームAのキャプテンとなり、2012年には300人以上のメンバーをまとめるAKB48グループ総監督に就任。活動10周年をめどにAKB48から卒業し、卒業後はソロ歌手として活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)