• 本

沈黙の町で

朝日文庫 お74−1

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-02-264805-1
4-02-264805-8
税込価格 907円
頁数・縦 577P 15cm

商品内容

要旨

北関東のある町で、中学二年生の名倉祐一が転落死した。事故か、自殺か、それとも…?やがて祐一が同級生からいじめを受けていたことが明らかになり、家族、学校、警察を巻き込んださざ波が町を包む…。地方都市の精神風土に迫る衝撃の問題作。

おすすめコメント

【文学/日本文学小説】北関東のある県で中学2年生の男子生徒が転落死した。事故か? 自殺か? それとも──。その背景には陰湿ないじめがあった。町にひろがる波紋を描くことで、地方都市の精神風土に迫る。朝日新聞連載時から大きな反響を呼んだ大問題作の文庫化。

著者紹介

奥田 英朗 (オクダ ヒデオ)  
1959年生まれ。作家。プランナー、コピーライターなどを経て、97年に『ウランバーナの森』でデビュー、創作活動に入る。2002年に『邪魔』で大藪春彦賞、04年に『空中ブランコ』で直木賞、07年に『家日和』で柴田錬三郎賞、09年に『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)