• 本

食糧と人類 飢餓を克服した大増産の文明史

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-532-16981-7
4-532-16981-X
税込価格 2,592円
頁数・縦 332P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

科学力と創意工夫で生産力を飛躍的に向上させ、度重なる食糧危機を回避し、増加してきた人類。数百万年にわたる食糧大増産の軌跡を解明し、21世紀の食糧危機を見通す壮大なドラマ。地球誕生から現代まで、試行錯誤の軌跡を追う。

目次

プロローグ 人類が歩んできた道
1 鳥瞰図―人類の旅路のとらえかた
2 地球の始まり
3 創意工夫の能力を発揮する
4 定住生活につきものの難題
5 海を越えてきた貴重な資源
6 何千年来の難題の解消
7 モノカルチャーが農業を変える
8 実りの争奪戦
9 飢餓の撲滅をめざして―グローバル規模の革命
10 農耕生活から都市生活へ

著者紹介

ドフリース,ルース (ドフリース,ルース)   DeFries,Ruth
コロンビア大学、経済・進化・環境生物学部(E 3B)教授。「持続可能な開発」に関する研究に携わる。ニューヨーク在住
小川 敏子 (オガワ トシコ)  
翻訳家。東京生まれ。慶應義塾大学文学部英文学科卒業。小説からノンフィクションまで幅広いジャンルで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)