本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

    本のこだわり検索


    トップ > 本・コミック > 文芸 > 日本文学 > 文学 男性作家


    本
    出版社名 : 幻冬舎
    出版年月 : 2016年1月
    ISBNコード : 978-4-344-02877-7
    (4-344-02877-5)
    税込価格 : 1,512円
    頁数・縦 : 226P 20cm
    出荷の目安 : 通常1〜2日で出荷します

    お一人様1点限り

    カートに入れる

    この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

    商品の内容

    [要旨]

    反田中の急先鋒だった石原が、今なぜ「田中角栄」に惹かれるのか。幼少期のコンプレックス、政界入りのきっかけ、角福戦争の内幕、ロッキード事件の真相、田中派分裂の舞台裏、家族との軋轢…。毀誉褒貶相半ばする男の汗と涙で彩られた生涯!

    出版社・メーカーからのコメント

    高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激動の戦後政治を牽引した田中角栄。その経歴から総理就任時には「庶民宰相」「今太閤」と国民に持てはやされ、戦後では最高の内閣支持率を得たが、常識を超える金権体質を糾弾され、総理を辞任。その後、ロッキード事件で受託収賄罪に問われて有罪判決を受けるも、100名以上の国会議員が所属する派閥を率い、大平・鈴木・中曽根内閣の誕生に影響力を行使。長らく「闇将軍」「キングメーカー」として政界に君臨した。そんな希代の政治家・田中角栄といえば、類まれな権謀術数と人心掌握術に注目が集まるが、実はスケールが大きいわりに人一倍デリケートな一面があった。浪花節と映画をこよなく愛する、家族思いの人情家だったという。強烈な個性をもったリーダーが不在の今、自らも政治家として田中角栄と相まみえた著者が、毀誉褒貶半ばするその真の姿を「田中角栄」のモノローグで描く意欲作。字に強い、駆け引きが上手い、義理人情を欠かさない。それが高等小学校での男が伸し上がる武器だった――。

    著者紹介

    石原 慎太郎 (イシハラ シンタロウ)  

    1932年神戸市生まれ。一橋大学卒業。55年、大学在学中に執筆した「太陽の季節」により第1回文學界新人賞、翌年芥川賞を受賞。『化石の森』(芸術選奨文部大臣賞受賞)、『生還』(平林たい子文学賞受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    著者情報

    石原 慎太郎

    1932年神戸市生まれ。一橋大学卒業。55年、大学在学中に執筆した「太陽の季節」により第1回文學界新人賞、翌年芥川賞を受賞。『化石の森』(芸術選奨文部大臣賞受賞)、『生還』(平林たい子文学賞受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    同じ著者名で検索した本

    このジャンルの本

    このページの上部へ