• 本

呼び覚まされる霊性の震災学 3.11生と死のはざまで

出版社名 新曜社
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-7885-1457-7
4-7885-1457-5
税込価格 2,376円
頁数・縦 180P 19cm

商品内容

要旨

タクシードライバーが邂逅した“幽霊現象”。わが子のように慰霊碑を抱きしめる遺族たち。霊性という高次の精神性にもとづく死生観が、震災復興に求められている。亡くした家族が「生きていた」記憶を刻む慰霊と鎮魂、未曾有の悲しみを越えて死者とともに生きる人びとの強さを描く。若者たちの真摯な筆致が深い感動を呼ぶ。

目次

第1章 死者たちが通う街―タクシードライバーの幽霊現象‐宮城県石巻・気仙沼
第2章 生ける死者の記憶を抱く―追悼/教訓を侵犯する慰霊碑‐名取市閖上・震災慰霊碑
第3章 震災遺構の「当事者性」を越えて―20年間の県有化の意義‐南三陸町・防災対策庁舎
第4章 埋め墓/詣り墓を架橋する―「両墓制」が導く墓守りたちの追慕‐山元町坂元地区中浜
第5章 共感の反作用―被災者の社会的孤立と平等の死‐塩竃市・石巻市南浜町
第6章 672ご遺体の掘り起こし―葬儀業者の感情管理と関係性‐石巻市・葬儀社「清月記」
第7章 津波のデッドラインに飛び込む―消防団の合理的選択‐岩手県山田町・宮古市田老地区
第8章 原発避難区域で殺生し続ける―猟友会のマイナー・サブシステンス‐福島県浪江町

おすすめコメント

◆震災による死に人々はどう向き合うか 霊を乗せて走るタクシー タクシードライバーの幽霊体験、その真相とは? わが子は記憶のなかで生きていると慰霊碑を抱きしめる遺族、700体もの遺体を土中から掘り起こして改葬した葬儀社、津波のデッドラインを走る消防団員、骨組みだけが残った防災庁舎を震災遺構として保存するかなど、被災地の生と死の現場に迫るノンフィクション。亡くなった肉親や津波犠牲者の存在をたしかに感じるという、目にみえない霊性の世界に迫ります。新曜社ホームページ『呼び覚まされる霊性の震災学』 →http://www.shin−yo−sha.co.jp/mokuroku/books/978−4−7885−1457−7.htm