• 本

あきない世傳金と銀 源流篇

ハルキ文庫 た19−15 時代小説文庫

出版社名 角川春樹事務所
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-7584-3981-7
4-7584-3981-8
税込価格 626円
頁数・縦 279P 16cm

商品内容

要旨

物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。父から「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。果たして、商いは詐なのか。あるいは、ひとが生涯を賭けて歩むべき道か―大ベストセラー「みをつくし料理帖」の著者が贈る、商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!

おすすめコメント

「みをつくし料理帖」の著者が贈る、商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!

著者紹介

高田 郁 (タカダ カオル)  
兵庫県宝塚市生まれ。中央大学法学部卒。1993年、集英社レディスコミック誌『YOU』にて漫画原作者(ペンネーム・川富士立夏)としてデビュー。2008年、小説家としてデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)