• 本

スーパーバイオマス 植物に学ぶ、植物を活かす

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-7664-2303-7
4-7664-2303-8
税込価格 3,456円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

本書では、石油の代わりに植物バイオマスを利用し、現在の大量消費社会から持続可能な循環型社会へと移行していくための、最先端バイオ技術を紹介する。第1章から第5章は、バイオマス資源となる植物の改変をテーマとして、基本的な知識から技術開発の現状までを紹介する。第6章から第8章は、バイオリファイナリー技術開発の最前線や、工業的規模で植物バイオマスを利用するバイオコンビナート構想について紹介する。最後の第9章では、植物から製品がつくられ廃棄されリサイクルされるまでの全工程が、持効可能かどうかを評価するライフサイクルアセスメント(LCA)について述べる。

目次

はじめに 私たちはいかにして循環型社会をめざすのか
第1章 ゲノムのパワーで植物を変える
第2章 光合成の効率向上とスーパーバイオマス
第3章 低肥料栽培への挑戦
第4章 植物ホルモンを操りバイオマスを増やす
第5章 スーパー樹木で木質バイオマスを増やす
第6章 バイオリファイナリー―バイオマスと微生物によるものづくり
第7章 微生物を用いたバイオマスの利活用技術
第8章 植物種と製法を異にするセルロースナノファイバーとナノ複合材料
第9章 持続可能なバイオマス資源社会へ向けて

著者紹介

福田 裕穂 (フクダ ヒロオ)  
1953年生まれ。東京大学大学院理学系研究科教授。1982年東京大学理学系研究科植物学専門課程博士課程修了。理学博士。大阪大学理学部生物学科助手、東北大学理学部生物学科助教授・教授を経て、1995年より現職。途中ドイツ・マックスプランク育種学研究所に留学。専門は植物生理学
稲田 のりこ (イナダ ノリコ)  
1973年生まれ。東京大学大学院理学系研究科特任研究員。2000年東京大学理学系研究科生物科学専攻博士課程修了。理学博士。日本学術振興会特別研究員、カリフォルニア大学バークレイ校博士研究員、奈良先端科学技術大学大学院特任教員を経て、2015年より現職。専門は細胞生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)