• 本

小籐次青春抄 品川の騒ぎ・野鍛冶

文春文庫 さ63−50

出版社名 文藝春秋
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-16-790572-9
4-16-790572-8
税込価格 702円
頁数・縦 337P 16cm

商品内容

要旨

豊後森藩の厩番の息子・赤目小籐次は、貧乏暮らしで日々を内職と剣術の稽古で過ごしている。ある日、界隈のワル仲間を束ねる“若様”こと松平家の三男坊から儲け話が舞い込むが、どうも胡散臭い。小籐次は仲間のために渋々話に乗るが…(「品川の騒ぎ」)。他に書き下ろし「野鍛冶」を収録、若き日の小籐次の活躍を描く中編集。

おすすめコメント

小籐次の若き日を描く、新作書き下ろし中編収録! 野鍛冶に婿入りしたかつての悪仲間を手助けに行った小籐次は、その村がやくざ者に狙われているのを知り一計を案じる。中編二作収録。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)