本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

    本のこだわり検索


    トップ > 本・コミック > 文庫 > 日本文学 > 光文社文庫


    本

    始末 文庫書下ろし/長編時代小説

    光文社文庫 さ18−61 吉原裏同心 24
    佐伯泰英/著
    出版社名 : 光文社
    出版年月 : 2016年3月
    ISBNコード : 978-4-334-77250-5
    (4-334-77250-1)
    税込価格 : 648円
    頁数・縦 : 313P 16cm
    出荷の目安 : 通常1〜2日で出荷します

    この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

    商品の内容

    [要旨]

    地廻りと呼ばれ、吉原の妓楼に上がらず素見をする一人の男の骸が切見世で見つかった。探索を始めた吉原裏同心・神守幹次郎は、下手人を川越に追う。一方、番方に女の子が生まれて沸く会所だが、突如現われた「倅」に悩む会所の七代目頭取四郎兵衛。「秘密」を打ちあけられた幹次郎は自ら動くが―。テレビドラマ原作となった人気シリーズ、待望の第二十四弾!

    おすすめコメント

    神守幹次郎の親友でもある仙右衛門に、赤子が誕生する。祝賀ムードの吉原だったが、そこに暗い影が。

    著者紹介

    佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  

    1942年北九州市生まれ。大学卒業後、闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    著者情報

    佐伯 泰英

    1942年北九州市生まれ。大学卒業後、闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    同じ著者名で検索した本

    このジャンルの本

    このページの上部へ