• 本

星籠の海 上

講談社文庫 し26−31

出版社名 講談社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-06-293310-0
4-06-293310-1
税込価格 950円
頁数・縦 580P 15cm
シリーズ名 星籠の海

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 瀬戸内のある島には死体が流れ着く。
    相談を受けた御手洗潔はその島に行き調査を開始する。
    港町・鞆が事件の鍵になっていることを見抜いたが、その鞆では一見無関係に思える事件が複数発生していた。
    鞆でおこっている事件と流れ着く死体とはどんな関係があるのか。
    様々な事件が瀬戸内でおこる。御手洗潔は真相に辿り着けるのか。
    上下巻読み応えたっぷりです。

    (2016年5月17日)

商品内容

要旨

瀬戸内の小島に、死体が次々と流れ着く。奇怪な相談を受けた御手洗潔は石岡和己とともに現地へ赴き、事件の鍵が古から栄えた港町・鞆にあることを見抜く。その鞆では、運命の糸に操られるように、一見無関係の複数の事件が同時進行で発生していた―。伝説の名探偵が複雑に絡み合った難事件に挑む!

おすすめコメント

瀬戸内の小島に漂着する死体と、古くからの港町・鞆に拡がる不穏な団体の影。怪事件の続く「時計仕掛けの海」に、御手洗潔が挑む!

著者紹介

島田 荘司 (シマダ ソウジ)  
1948年広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。1981年『占星術殺人事件』で衝撃のデビュー。「島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」や「講談社『ベテラン新人』発掘プロジェクト」の選考委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)