• 本

それってキセキ GReeeeNの物語

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-04-731371-2
4-04-731371-8
税込価格 1,998円
頁数・縦 529P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • それってキセキ GReeeeNの物語

    デビュー10周年を迎えたGReeeeN。ミリオンセラーアーティストまで上りつめながらも、今なお、そのプロフィールは明かされていない。そんな彼らを4年間取材し続けて綴られたのがこの青春物語。作者の小松成美はノンフィクション作家として、スポーツや芸術などの幅広い分野で活躍している。曲が出来上がるまでのストーリーも描かれている。GReeeeNの歩んできた青春を彼らの音楽を流しながら読んでみてください。なんか生きる勇気がわいてきます。

    (2016年5月5日)

商品内容

目次

第1章 SUN SHINE!!!
第2章 遙か
第3章 声
第4章 HIGH G.K LOW―ハジケロ
第5章 道
第6章 歩み
第7章 『キセキ』
第8章 この地へ

おすすめコメント

今年、デビュー10周年を迎えたGReeeeNの初の単行本が発売決定。歯科医のため、今もなおそのプロフィールが明かされないGReeeeN。彼らが“これまで歩んできた真実”を元に綴った人間愛の物語。本作は、アスリートやアーティストのノンフィクションでベストセラーを重ねる作家・小松成美が4年に及ぶ取材を重ね完成した長編青春小説となっている。そこには、リーダーHIDEと、兄でありプロデューサーであるJINとの、兄弟の生い立ち。そしてメンバーnavi、92、SOHとの出会いと青春の日々、GReeeeN誕生の瞬間、メンバーの絆が克明に綴られている。歯科医として活躍しながら、ミリオンセラー・アーティストまで上り詰めたGReeeeNの“奇跡”と“軌跡”の物語が、ついに明らかに! その時、『キセキ』がHIDEの耳に届いた… 震災から1か月以上が過ぎても、ほとんどの人たちはいまだ自宅に戻れない。放射能汚染は日を追って深刻さを増していたし、除染など到底追いつかない現状で、子供たちは公園や学校の校庭で自由に遊ぶことも禁止されていた。小学校の5年生か、6年生。何、聴いているんだろうなぁ? イヤホンから流れ出しているはずのメロディを、英篤は想像していた。そして、2人の横を通り過ぎようとした時、彼女たちが口ずさんでいる歌が耳に届き、英篤は立ち止った。♪日々の中で 小さな幸せ 見つけ重ね ゆっくり歩いた『軌跡』 僕らの出会いは大きな世界で 小さな出来事 巡り合えた それって『奇跡』 (第7章 『キセキ』より)

出版社・メーカーコメント

今年、デビュー10周年を迎えGReeeeNの初の単行本。歯科医のため、今もなおそのプロフィールが明かされないGReeeeN。 彼らが“これまで歩んできた真実”を元に綴った人間愛の物語。

著者紹介

小松 成美 (コマツ ナルミ)  
ノンフィクション作家。神奈川県横浜市生まれ。専門学校で広告を学び、1982年毎日広告社へ入社。その後、放送局勤務などを経て、1989年より執筆を開始する。主題はスポーツ、映画、音楽、芸術、旅、歴史など多岐に渡る。スポーツノンフィクションに新境地を開いた。歌舞伎をはじめとした古典芸能や西洋美術、歴史などにも造詣が深く、関連の執筆も多い。現在も数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラムを執筆、雑誌や書籍にて精力的に発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)