• 本

HTML5+CSS3でつくる!レスポンシブWebデザイン 現場で使える最新コーディング

出版社名 ソーテック社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-8007-1128-1
4-8007-1128-2
税込価格 2,786円
頁数・縦 237P 24cm

商品内容

要旨

CSSフレームワーク「Bootstrap」で実践するマルチデバイス対応。現場で使える最新コーディング。コードの記述から本格的Webサイト制作まで網羅!CSSフレームワークの種類や入手についても解説!パソコンからスマートフォンまで自在にレイアウト!

目次

1 Webサイトを作成する前に
2 HTMLについて学ぼう
3 CSSについて学ぼう
4 Bootstrapについて学ぼう
5 レスポンシブWebデザイン制作の流れ
6 1カラムのカフェ風サイトを作る
7 2カラム構造のコーポレートサイトを作る

おすすめコメント

本書は、これからWeb制作者を目指すという方向けに、まずはスタート地点に立っていただくことを目的として執筆しています。 Web制作と一口に言っても、いまや仕事の範囲は今や非常に広がっています。 本書で扱うHTMLやCSSはもちろん、そこから先のJavaScriptを駆使するフロントエンドの領域やCMSなどやWebアプリなどにおいて動かすプログラム。さらにプログラムなどを安定的に素早く動かすためのサーバーのチューニングや管理を行うバックエンドの運用。Webサイト制作プロジェクトの目的を決定し、顧客やエンジニアとのやり取りを行うディレクション領域。使いやすく見やすく、素でマルチデバイスに対応し、CMSなどの特性を考慮したうえで、見栄えを制作するデザイン領域など、こちらに挙げてないものもまだまだあります。これらの全てのことがある程度できないと、なかなかWeb制作を仕事にすることはできません。先は遠いのです。 でも、大丈夫です。いま活躍している多くのWeb制作者は元々だれからも教わらず、独学で多くの回り道をして、今の知識や技術に到達しています。これから始められる皆様には、多くの本や勉強会、セミナー、Webスクールなど、効率よく学べるものやツールが揃っています。本書もその一つになればと思い書きました。 本書では、Webサイトとして表示するために必要なHTMLやCSSが学べます。またCSSを効率よく利用できるCSSフレームワークとして最も人気の高い「Bootstrap」についても学べます。また、実際に動くサンプルを元に、手を動かしながら学習を進めていただけます。 個人のWebサイト制作や業務におけるWebサイト制作を行う際に、本書がその助けになるとすれば、著者としてこれほど嬉しいことはありません。 (本書「はじめに」より)

著者紹介

大串 肇 (オオグシ ハジメ)  
1978年生まれ。兵庫県神戸市出身。株式会社mgn代表取締役。web制作会社にてデザイナー兼ディレクターとして勤務後、独立。2012年よりフリーランスmgnとして独立。同年、現役制作者が共同執筆するブログWP‐Dを立ち上げ。2013年WordCamp実行委員長。WP‐D Fes主催。HTML5 Japan Cup 2014 by html5j部門賞受賞。2015年、株式会社mgnとして登記、Team LENSとしての活動を開始
齋木 弘樹 (サイキ ヒロキ)  
フロントエンドエンジニアを目指しているマークアップエンジニア。大学卒業後、17年にわたってDucatiのチューニングショップでメカニックとして勤務。腰痛のため退職の後、WEBに関する勉強をイチから始める。1年間の自炊代行会社勤務を経て、2012年6月より株式会社エースユニオンデザインに所属。主にHTML・CSSのマークアップとWordPressの構築を業務とする
清野 奨 (セイノ ススム)  
1988年東京都足立区生まれ。自社サイトやコンサルタントするクライアントのWebサイトを制作するWebデザイナーを経て、2015年に独立。2014年に「クリエイティブなことをはじめたばかりの人」や「これからはじめたいと思っている人」に向けて情報発信をするために、「EXP」を発足。延べ2,500名以上が参加した日本最大級のWordPressのイベント、WordCamp Tokyo2014・WordCamp Tokyo2015の実行委員長を務める
嵩本 康志 (タケモト ヤスシ)  
1987年生まれ。千葉県山武市出身。制作会社にてデザイナー兼ディレクターとして所属。WEB・DTP・アプリ等幅広く活動中。EXP、Code for Chibaのメンバー。ReHack最優秀賞、Photo Hack Day Japan3位、Mashup Awards11 CIVICTECH部門賞を受賞。WordCamp Tokyoで2年間メインのデザインを担当。現在、様々なハッカソン・勉強会・コミュニティにも参加している
松尾 祥子 (マツオ ショウコ)  
Webデザイナー兼ディレクター。2000年にピクセルデザインの屋号でフリーランスとなり、小〜中規模サイトのディレクション、デザイン、WordPress構築、リーフレットや書籍の装丁などの印刷物制作まで幅広く手がける。2013年からWordCamp Tokyoにスタッフとして参加し、WordPressを遊びながら学べる「WordPressカルタ」を発案&制作
松尾 慎太郎 (マツオ シンタロウ)  
2014年5月より7匹のネコがいる会社でシステム開発
宮崎 優太郎 (ミヤザキ ユウタロウ)  
1990年生まれ。埼玉県出身。スマートフォンアプリを中心にサービスを展開する会社にフロントエンドエンジニアとして所属し、Webサービスの開発、運用に従事
吉澤 富美 (ヨシザワ ヨシミ)  
2016年D−77.LLCを設立。同社代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)