• 本

若冲

角川ソフィア文庫 J500−12 ジャパノロジー・コレクション

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-04-400157-5
4-04-400157-X
税込価格 994円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

神の手をもつと言われる江戸時代中期の異能の画家、伊藤若冲。その卓越した細密画は多くの人を惹き付け、海外での評価も高い。大作『動植綵絵』は、日本美術史における花鳥画の最高傑作。ほかにも『菜蟲譜』や『百犬図』、二〇〇八年に発見された『象と鯨図屏風』など主要作品をオールカラーで掲載。彩色、木版、水墨と、多種多様な技法が駆使された作品の魅力を一点一点詳細に解説し、緻密な調査に基づいた人物像も明らかにした、若冲ファン必携の書。

目次

第1章 若冲デビュー
第2章 若冲飛翔する(閑話休題 作品鑑賞
「動植綵絵」作品鑑賞
「菜蟲譜」作品鑑賞
「象と鯨図屏風」作品鑑賞)
第3章 若冲新生

おすすめコメント

神の手をもつと言われる江戸時代中期の異能の画家、伊藤若冲。その卓越した細密画は多くの人を惹き付け、海外での評価も高い。大作『動植綵絵』は、日本美術史における花鳥画の最高傑作。ほかにも大人気の『菜蟲譜』や『百犬図』、二〇〇八年に発見された『象と鯨図屏風』など主要作品をオールカラーで掲載。彩色、木版、水墨と、多種多様な技法を駆使して描かれた絵を一点一点詳細に解説し、緻密な調査に基づいた人物像なども明らかにした、若冲ファン必携の書。『Kadokawa Art Selection 若冲 広がり続ける宇宙』を新装改訂。

著者紹介

狩野 博幸 (カノ ヒロユキ)  
1947年福岡県生まれ。日本近世美術史家。九州大学文学部哲学科美学・美術史専攻卒業。九州大学大学院文学研究科博士課程中退。京都国立博物館をへて、同志社大学文化情報学部教授を歴任。伊藤若冲再発見の立役者であり、研究の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)