• 本

若冲原寸美術館100% Jakuchu!

100% ART MUSEUM

出版社名 小学館
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-09-682220-3
4-09-682220-5
税込価格 3,240円
頁数・縦 197P 30cm

商品内容

要旨

伊藤若冲畢生の大作『動植綏絵』(宮内庁三の丸尚蔵館所蔵)他、全30幅を原寸大で詳解!最新のデジタル撮影方式を駆使した画像が、目を画面すれすれの距離にまで寄せたような体験を味わわせる。

目次

芍薬群蝶図
梅花小禽図
雪中鴛鴦図
秋塘群雀図
向日葵雄鶏図
紫陽花双鶏図
大鶏雌雄図
梅花皓月図
老松孔雀図
芙蓉双鶏図〔ほか〕

おすすめコメント

若冲の最高傑作『動植綵絵』を原寸で楽しむ ここのところの日本美術ブームの牽引役、伊藤若冲の、今年は生誕300年の記念すべき年にあたります。いくつもの若冲展が企画されている、若冲記念イヤーのメインとなる展覧会は、2016年4月22日から5月24日まで東京都美術館で開催される「若冲展」。『鳥獣花木図屏風』を有する、プライスコレクションをはじめ、若冲の代表作が並ぶ展覧会で、特別な場所を用意されるのが、宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する『動植綵絵』全30幅です。本書は、若冲の代表作と誰しも認める『動植綵絵』を、原寸で味わう決定版画集です。全30幅、動物、植物を問わず、生きとし生けるものを賛美する、絹本に描かれた若冲畢生の大作の制作の秘密が、原寸図版のページからあふれ出ます。仏教絵画などで行われる裏彩色が効果的に用いられ、描かれたものが鑑賞者に強く印象付くよう工夫されており、描法的にも見えないところまで気配りがされた傑作です。美術愛好家を魅了し続ける、若冲の絵画の頂点『動植綵絵』全30幅の魅力を、全図とともに、選りすぐりの原寸図版(各幅で4頁の原寸図版)を組み合わせることで、若冲の描法の謎にも迫る、これまでにない、究極の画集です。【編集担当からのおすすめ情報】 若冲生誕300年の最大の展覧会「若冲展」が東京都美術館で4月22日〜5月24日まで開かれます。

出版社・メーカーコメント

若冲の最高傑作『動植綵絵』を原寸で楽しむ ここのところの日本美術ブームの牽引役、伊藤若冲の、今年は生誕300年の記念すべき年にあたります。いくつもの若冲展が企画されている、若冲記念イヤーのメインとなる展覧会は、2016年4月22日から5月24日まで東京都美術館で開催される「若冲展」。『鳥獣花木図屏風』を有する、プライスコレクションをはじめ、若冲の代表作が並ぶ展覧会で、特別な場所を用意されるのが、宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する『動植綵絵』全30幅です。本書は、若冲の代表作と誰しも認める『動植綵絵』を、原寸で味わう決定版画集です。 全30幅、動物、植物を問わず、生きとし生けるものを賛美する、絹本に描かれた若冲畢生の大作の制作の秘密が、原寸図版のページからあふれ出ます。仏教絵画などで行われる裏彩色が効果的に用いられ、描かれたものが鑑賞者に強く印象付くよう工夫されており、描法的にも見えないところまで気配りがされた傑作です。美術愛好家を魅了し続ける、若冲の絵画の頂点『動植綵絵』全30幅の魅力を、全図とともに、選りすぐりの原寸図版(各幅で4頁の原寸図版)を組み合わせることで、若冲の描法の謎にも迫る、これまでにない、究極の画集です。

著者紹介

辻 惟雄 (ツジ ノブオ)  
1932年愛知県生まれ。1961年東京大学大学院博士課程中退(美術史専攻)。東京国立文化財研究所美術部技官、東北大学文学部教授、東京大学文学部教授、千葉市美術館館長、多摩美術大学学長などを歴任。2016年3月末までMIHO MUSEUM館長を務める。東京大学、多摩美術大学名誉教授。絵画に限らず、装飾工芸から漫画まで幅広く批評活動を展開
太田 彩 (オオタ アヤ)  
1992年から宮内庁勤務。現在、宮内庁三の丸尚蔵館主任研究官。皇室伝来の美術品類の調査と保存に携わり、展覧会や作品の保存修理事業を通じてその成果を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)