• 本

李禹煥他者との出会い 作品に見る対峙と共存

出版社名 みすず書房
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-622-07946-0
4-622-07946-1
税込価格 6,804円
頁数・縦 237,55P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

充満と空虚、意志されたものと放置されたもの。それらが相互に結びつけられ、互いに移行しあう鮮やかな出会いの芸術…李禹煥の創作が現代美術に拓いた地平の意味と作品をきめ細かに論じる。

目次

1 関係項1968‐2003年(物質との対話
抵抗としての事物
現象と知覚)
2 関係項1969年(空間との対話
濃密化としての場
限界と開放性)
3 点より1973年 線より1973年(描くこととしての絵画
反復と差異
反復と時間制)
4 関係項1979年(対置
相互性)
5 照応1997年(不連続
充満と空虚
反響)

著者紹介

ベルスヴォルト=ヴァルラーベ,ジルケ・フォン (ベルスヴォルトヴァルラーベ,ジルケフォン)   Berswordt‐Wallrabe,Silke von
1970年、ドイツ、エッセン市生まれ。美術史家、ボッフム・ルール大学で美術史、近代史、パリ・ソルボンヌ大学で美術史を学ぶ。フライブルク・アルベルト=ルートヴィヒ大学美術史学科博士課程修了。その博士論文が『李禹煥 他者との出会い』であり、李禹煥をテーマとするこの論文は、2007年同大学哲学部ヴェッツシュタイン賞受賞。ボッフム・ルール大学美術コレクションにおけるジトゥアツィオン・クンスト財団理事長
水沢 勉 (ミズサワ ツトム)  
1952年、横浜市生まれ。慶應義塾大学美学美術史学科卒業。慶應義塾大学大学院修士課程修了。神奈川県立近代美術館に学芸員として勤務、現在は同館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)