• 本

自分の時間

新装新版

出版社名 三笠書房
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-8379-5764-5
4-8379-5764-1
税込価格 1,296円
頁数・縦 174P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

近代的な労働が行われるようになってから現代に至るまで、各個人は常に自分の時間の使い方に悩んできたのではないだろうか。すなわち余暇と呼ばれる、労働を行わない時間を無駄にせず、いかに有意義に過ごすか、という問題である。1日は誰にも等しく24時間しかない。その中で自己を高める時間をどのように確保するか。それについて有為な提案を行う本書は、19世紀末期から20世紀初頭にかけて活躍した英国を代表する作家、アーノルド・ベネット(1867-1930)が1908年に発表したものだ(本書は邦訳版の新装新版)。以来、時間活用術の名著として読み継がれ、時代や国境を越え、知識人をはじめ数多の人々に普遍性の高いメッセージを届けてきた。著者の代表作には20世紀英国小説の最高傑作と賞される『二人の女の物語』(岩波書店)がある。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年09月23日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「時間」について書かれた実用書で、これほど世界中の一流人たちに支持され、人生のバイブルとして愛読された本はないだろう。意欲に満ちた“賢明なる1日”を過ごすために―。

目次

この考え方が1日1日に奇跡をもたらす
もっと知的好奇心に満ちた生活をつくろう!
1日24時間の枠を最大限に生かすには?
自分の精神・肉体を養うための「内なる1日」
週3回の夜90分が、あなたの心を豊かにする
「情熱と活気に満ちた1週間」をつくる秘訣
思考を集中するひとときをもつ
「内省的な気分」を大切にする
「知的エネルギー」はどうやって生まれてくるのか
「原因と結果の法則」を頭に入れる
読書好きなあなたへ―人生に大きな「利息」を生むアドバイス
財布にはまっさらな24時間がぎっしりと詰まっている

著者紹介

ベネット,アーノルド (ベネット,アーノルド)   Bennett,Arnold
イギリスを代表する作家。代表作に、20世紀英国小説の最高傑作といわれる『二人の女の物語』(岩波書店)がある
渡部 昇一 (ワタナベ ショウイチ)  
上智大学名誉教授。英語学者。深い学識と鋭い評論で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)