• 本

ウナギと人間

出版社名 築地書館
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-8067-1513-9
4-8067-1513-1
税込価格 2,916円
頁数・縦 322P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

「土用の丑の日」の慣習など、日本特有の文化にも深く関わる「ウナギ」。その異彩を放つ外形も相まって、世界では「最もミステリアスな魚」とも呼ばれている。ニュージーランドのマオリ族などポリネシアを中心に神話の主人公として信仰される一方、海中の卵から孵化し、陸地の河川まで何千キロも旅をする回遊魚でもある。また、近年その生息数が著しく減少し、絶滅の危機にあるともされている。本書では、そんなウナギについて、誕生の地とされるサルガッソ海、神話が存在するニュージーランド、豊かな食文化が存在する日本など、世界中を巡りながら探究。人間との関わり、神話性、哲学的な意味などについて自由に考察している。著者は、マス、釣り、自然との関わりの中で出会った人々をテーマとする著書などで知られるライター。自身、自然保護運動にも関係するとともにアーティストとしても活躍している。

※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年06月08日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

太古より「最もミステリアスな魚」と言われ、絶滅の危機にあるウナギ。ポンペイ島のトーテム信仰から米国のダム撤去運動、産卵の謎から日本の養殖研究まで、世界中を取材し、ニューヨーク・タイムズ紙「エディターズ・チョイス」に選ばれた傑作ノンフィクション。

目次

序章 ウナギへの思い
第1章 不思議な魚
第2章 サルガッソ海へ
第3章 マオリの国のウナギ
第4章 さらなるタニファの物語
第5章 淡水の最初の味
第6章 大洋へ
第7章 ウナギの死に場所
第8章 ウナギ簗の窪
第9章 ウーのラシアラップ
第10章 通り道の障害物
第11章 それでも狩りは続く

著者紹介

プロセック,ジェイムズ (プロセック,ジェイムズ)   Prosek,James
1975年アメリカ、コネティカット州生まれ。19歳のときに書いた『Trout:An Illustrated History(マス:絵による歴史)』が「オーデュボンの再来」として、その美しいフルカラーのイラストと文章で注目されて以降、マス、釣り、自然との関わりの中で出会った人々をテーマとする10冊以上の著書を出版した。自然保護運動にも深く関わり、アウトドア用品メーカー「パタゴニア」の創業者イヴォン・シュイナードとともに、野生の魚の保護活動を支援する団体「ワールド・トラウト・イニシアチブ」を設立
小林 正佳 (コバヤシ マサヨシ)  
1946年、北海道札幌市生まれ。国際基督教大学教養学部、東京大学大学院博士課程(宗教学)を修了。1970年以来日本民俗舞踊研究会に所属して須藤武子師に舞踊を師事。1978年福井県織田町(現越前町)の五島定氏に陶芸を師事し、1981年織田町上戸に開窯。1988年から2015年まで天理大学に奉職。その間、1996〜1998年トロント大学訪問教授、セント・メリーズ大学訪問研究員としてカナダに滞在。2000〜2002年、2009〜2010年、中国文化大学交換教授として台湾に滞在(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)