• 本

老いの世も目線を変えれば面白い

出版社名 海竜社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-7593-1492-2
4-7593-1492-X
税込価格 1,512円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

気がつけばもう、老いの入り口!がんばりすぎず、あきらめず、ほどよく生きる。超高齢社会を高齢で迎えるこれからの人へ。

目次

第1章 「好奇心」が頭と心を刺激する
第2章 「視点を変える」と面白くなる
第3章 「依存しない距離」を考える
第4章 「ここちよい時」を求めて
第5章 「心」と「体」と「命」のつながり
第6章 「人生のゴール」を今から見つめておく

おすすめコメント

ちょっと目線を変えただけで、暮らしはこんなに楽しくなる!著者の前のめりで自由な暮らしぶりから、元気のコツを学べます!

著者紹介

吉永 みち子 (ヨシナガ ミチコ)  
1950年埼玉県生まれ。東京外国語大学卒業後、競馬専門紙「勝馬」の記者を経て作家に。吉永正人騎手と結婚し、『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。執筆活動の他、テレビコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)