• 本

認知症の私からあなたへ 20のメッセージ

出版社名 大月書店
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-272-36086-4
4-272-36086-8
税込価格 1,296円
頁数・縦 61P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

認知症になっても、人生をあきらめない。51歳のときにアルツハイマー病と診断されながら、知恵と工夫で一人暮らしを続けてきた著者による、勇気と励ましに満ちたメッセージ。オールカラーメッセージ英訳付き。

おすすめコメント

認知症になっても、人生をあきらめない 51歳のときにアルツハイマー病と診断されながら、知恵と工夫で一人暮らしを続けてきた著者による、勇気と励ましに満ちたメッセージ。オールカラー/メッセージ英訳付き 「認知症になって生活は不便になったけど、不幸せではありません、ぼくは幸せです」 佐藤雅彦さんのこの言葉を聞いたとき、ぼくの心は揺さぶられました。鎌田 實(医師・作家)

著者紹介

佐藤 雅彦 (サトウ マサヒコ)  
1954年岐阜県生まれ。中学校の数学教員を経て、コンピュータ会社にシステムエンジニアとして勤務。2005年、51歳のときにアルツハイマー型認知症と診断され退職。ホームヘルプ、配食サービスなどを利用し、自宅マンションで約10年間一人暮らしを続けてきた(現在はケアハウスに入居)。「日本認知症ワーキンググループ」共同代表、「認知症とともに歩む本人の会」代表。著書に『認知症になった私が伝えたいこと』(大月書店、第4回日本医学ジャーナリスト協会賞優秀賞受賞)がある
ハービー・山口 (ハービーヤマグチ)  
1950年東京都生まれ。大学卒業後に渡英し、10年間ロンドンで過ごす。国内外のアーティストとのコラボレーションの一方、つねに市井の人々にカメラを向け、人間の「生きる希望」をテーマに撮り続けている。大阪芸術大学および九州産業大学客員教授
鎌田 實 (カマタ ミノル)  
1948年東京都生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。一貫して「住民とともにつくる医療」を実践。諏訪中央病院名誉院長、日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)理事長、日本・イラク・メディカルネット(JIM‐NET)代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)