• 本

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

新潮文庫 し−53−2

出版社名 新潮社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-10-149222-3
4-10-149222-0
税込価格 810円
頁数・縦 509P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • これが「冤罪」だとバレれば、過去の死刑囚の無実もバレてしまう

    杜撰なDNA鑑定には証拠隠滅があった。
    けれどそれを認めてしまうと、過去の死刑囚たちの無実をも認めることになるかもしれない。とにかく犯人をでっちあげてしまえ!
    信じがたいですが、これは実話です。
    著者の清水潔氏が何十年もかけて地道に取材し、警察・検察の嘘を暴き、冤罪を勝ち取り、真犯人にたどり着くまでの話です。

    (2017年2月14日)

商品内容

要旨

5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか?なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか?執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出す―。新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された事件ノンフィクション。

目次

第1章 動機
第2章 現場
第3章 受託
第4章 決断
第5章 報道
第6章 成果
第7章 追跡
第8章 混線
第9章 激震
第10章 峠道
第11章 警鐘

おすすめコメント

5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか? だがそのうちの1件「足利事件」は“解決済み”だった。冤罪の背後に潜む司法の闇。執念の取材は“真犯人”の存在を炙り出すが……。知られざる大事件を明るみに出し、日本中に衝撃を与えた怒りの取材記録。「調査報道のバイブル」と絶賛された傑作、待望の文庫化。

著者紹介

清水 潔 (シミズ キヨシ)  
1958(昭和33)年、東京都生れ。ジャーナリスト。新潮社「FOCUS」編集部を経て、日本テレビ報道局記者・解説委員。2014(平成26)年、『殺人犯はそこにいる』で新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)